The double

cotteの脳内日記

おもてなし

再登校

5時間目が終わったら

一旦帰宅し

16時頃再び部活へ行く

 

そんな日が1か月に1回ほどある

 

帰宅し再登校するしばしの時間

なぜか友達が我が家へやってくる

わざわざ学校から遠くなる

我が家へやってくる

 

なにが楽しいんだか

我が家はこの辺りのすまいと比べると

ぶっちぎりでコンパクトだ

いつも同じ部屋に

わたしも同席している

 

君んちで集まればいいのに

わざわざペットボトルのカルピスソーダ

2本手にしてやってくる

 

床に脚を投げ出して

漫画を読み始めると

 

息子は台所に立つ

冷蔵庫を開け

友達に

食べられない野菜を確認する

片手鍋で野菜を茹でながら

袋麺を投入する

 

ラーメンを食べさせている間に

自分は油麺(汁なし麺)を作りはじめる

ごま油になにやらいろいろ投入して

たれを作っている

 

もうひとつのコンロで

バラ肉を茹でる

ごまだれと和える

「しゃぶしゃぶも食べる?」

 

家族が寝静まってから

夜な夜な起きている息子

 

知らないうちに

まあ人さまに

食べてもらえるようなものまで

作れるようになっている

 

台所に立つ

息子を見ていたら

私が想像している以上に

早く

このうちから出ていくかもしれないな

 

それにしても

こんなに

友達をもてなすことができるのだから

 

もうすこし

モテてもいいんじゃないか(笑)