The double

cotteの脳内日記

わたしは何様?!

夏休みがはじまった

 

普段は2,3歩歩けば

あらゆることを忘れてしまう子供たちも

1年前の夏の悪夢は覚えているようで

 

今年はなんと夏の宿題が配布され始めてから

毎日、何かしら宿題にとりかかっている

 

昨年は8月31日に泣きながら

深夜2時までやっていた

 

今年は毎日とりあえずテーブルに向っている

 

大きな成長だと思う

 

なのに

わたしときたら

「もう少し字がきれいにならないかな」

「夜じゃなくてもっと早い時間に宿題やるといいのにな」

「自分たちの部屋ももっときれいにしてほしい」

と欲が出る

なんたる強欲さ

 

さてこどもとはそれほど親にいろんなことを要求しているのだろうか

「毎回味付けがイマイチなんだよ」

「もっと若くてきれいなママだったら」

「掃除の仕方が甘いんだよな」

「休みの日も早く起きてよ」

いや

きっと思っていないんだろう

 

人間として寛大なのは

むしろこどものほうなのだろう

 

親はこどもの無償の愛に

あぐらをかいていることがある

 

ほんと、おまえ何様のつもりか

と頭を叩いていいぐらいだ

 

こんなに大きな成長をみても

もっともっとと果てしない欲をもつわたし

夏の汗と共に

その欲を身体からごっそり

洗い流すつもりで

この夏を過ごそうと思っている