The double

cotteの脳内日記

ダブルバインド

自分の思ったように行動しなさい

    そんなことしちゃいけない

    そんなことしたら許さないから 

自分の好きなものを選びなさい

    そんなのあなたには似合わない

お友達とは仲良くしなさい

    あの子とは遊んじゃいけない

 

ダブルバインドの世界に住んでいた者にとって

一体自分は何者なのか

本当は何をしたいのか

それを掘り起こして

手のひらからこぼれないように

しっかり握りしめて

生き抜いていくことの難しさは

その世界にどっぷりと浸かっていた者にしか

わからない

 

全てに逆らうこともまた違う

けれど

たまたまでも一致すると

吐き気がする

 

わたしはわたしと

呪文のように唱えれば、唱えるほど

同じ血が流れていることに

吐き気がする

 

同じことを繰り返すんじゃないか・・・

怖くて

子どもを持つことをずっと拒否してきた

わたしは

親になってはいけない人間なんだと

 

わたしと子どもだけ

そんな日は

怖くて、怖くてたまらなかった

自分がなにかしてしまうのではないかと

 

怖くなくなったのは

やっとここ数年だ

 

いいよ。思ったようにやってごらん。

失敗してもいいんだよ。

失敗したらまたやり直せばいいんだよ。

失敗は悪いことじゃないんだよ。

挑戦したということなんだよ。

 

こどもに言いながら

きっと自分に言っているんだろう

 

ママ、俺のこと好き?

ママ、私のこと好き?

 

好きだよ。

好きだけじゃないよ。

信頼している。

何があっても信じている。

何をしても

何を選んでも

ずっと応援するよ。

 

遂には投げかけられなかったことば

本当はわたし自身が

その言葉を浴びたかったのだろう

 

わたしのこどもがそれを欲しているかはわからないけれど

わたしはそのことばを投げかける

それしか方法がわからない

 

こどもたちは

わたしとはまた違ったことがらで

傷つくのかもしれない

わたしとはまた違った観点で

親に不満を持つのかもしれない

 

けれどそれは親不孝でもなんでもなくて

自立にはきっと必要なことなのだろう

 

もう一緒にいたくない

 

そんな日が来ても

 

今までありがとう

と感謝を込めて

その背中を見送りたい

 

 

広告を非表示にする