The double

cotteの脳内日記

台無しのことば

一瞬にして

台無しにしてしまうことば

 

「なんでそうしないの。信じられない」

 

残念だな

 

相談にのって…と頼みにくる

はなしを聞く

アドバイスをする

 

はい。そこまで。

それでおしまい

 

相談にきた人が

アドバイスの通り行動するか、しないか

それはその人が決めること

 

それなのに残念だな

アドバイス通りに行動しないのをみると

怒る人がいる

「信じられない!!」

 

誰かのために貢献している行動に

協力しない人をみて

「信じられない!!」

 

残念だな

 

もうその時点で

わたし、ボランティア精神なんてありませんって

公言しているも同じになってしまう

 

相手がわたしと同じか・・・

そんなもの放り出してすること

イコール

自分の行動

と思っていれば

それほど

「信じられない!!」

っていうことばって

そうそう使うものではないと思ってる

 

一個人に対してはよく使うのに

大きなものに対しては

使わないひとが多いのも不思議

 

もっと大きな力や集団に対して

時には使うものだと思うのだ

 

それでも自分に跳ね返ってくるんだけれども

「今の政権許せない!」

「この法案信じられない!」

それでも有権者のひとりだからね

 

それでもそれでも

「信じられない!」

「許せない!」という声をあげる必要はあると思うのだ

 

こんな今のわたしの住む国

それこそ

「残念だなぁ」とか

「大丈夫か?」とか

他の国から言われているんだろうな