The double

cotteの脳内日記

イメージの中

自分のからだ

一番身近であるけれど

誰も一生かかっても

全身像を実際にみることはできない

 

いつも目にする自分は一部分だ

よく目にするのは手だろうか

脚だって見下ろすしかなく

実際はどんなものかわからない

 

一部分をみて

鏡に映された自分を自分と認識して

写真の中の作られた自分を確認して

自分のイメージをぼんやりと持って生きている

 

ほんとうは自分はどんな顔をもっているんだろう

ほんとうはどんな表情を他者に向けているんだろう

 

一番確実に自分のものだと信じて疑わないものさえ

不確かなもの

不安定なもの

 

人はイメージの中で生きている

 

おぼろげな輪郭に

はっきりとした輪郭線が欲しくて

 

人はイメージの中の自分と照らし合わせて

服を選んだり

リップの色を選んだり

整髪剤を選んだり

無意識にして

 

輪郭を描く

それもイメージ

 

元々イメージの中で生きているならば

もうこれ以上自分をおとしめる必要もないだろう

目に映る世界を悪い色で着色する必要もないだろう

 

イメージの自分に

他者は他者のイメージで

わたしをみる

あなたをみる

 

それならば他者の目もことばにも

そんなに傷つく必要もないだろう

 

イメージの中で生きているということは

すでに

ほんとうは

自由に生きていける

環境を与えられているという

ことなのかもしれない

 

自分の顔を一生かかっても

みることができないとは

そういうことなのかもしれない