The double

cotteの脳内日記

どうして勉強するの?

「ふつう、親がそんなこと言わないでしょっ」

 

中2息子の口癖だ

いつもは

あ、そうぉ?とか

いいじゃんそんな親がいても、

とか言ってやり過ごす

 

でも昨夜のわたしは違った

 

それ!それな!

いま、ふつうって言ったでしょ

そのあなたの「ふつう」ってどういう風に決めた?

それ突き詰めていくと面白いよ~

と投げ返すと

 

お!ほんとだ!

え?!俺なんでふつうって思うんだろう?

 

そうそう、

それ当たり前

それ常識

これもよく言っているけど

なにを基準に決めた?

突き詰めて、突き詰めてほしい

 

その時に、

今まで学校で勉強してきたこと

ニュースなどで見聞きしたこと

今まで読んできた本

他者との対話

いろんなものを思い返すでしょ

 

その時に

その材料が少なかったらどうなると思う?

 

いつも同じ方向だったり

一方向からしか物事が見えなくなるんだよ

 

本当は球体なのに

丸にしか見えないとか?

 

そうそうそんな感じ

 

平等っていうのもそうだよね

なにから見て平等?

回数?量?質?環境?

それだけでも4通りの平等があるよね

そしてそこからまたそれぞれまた細分化される

 

何気なくつかっている

自分のことば

ちょっと立ち止まって

俺、今なんでこんな風に言ったんだろう?

そう思って考えることを

繰り返すと

 

勉強って

大切なんだなって

分かってくると思うんだ

 

わたしもまだまだ勉強し続けるよ

死ぬまでね

だってまだ

どうして勉強するのか

これっっぽっちしか

あなたに伝えられない

 

でもこういうことを考えながらする

勉強は楽しいよ

わたしはいつも新しい考え方や

もやもやしていることをすぱっと明快に言葉にしてくれているものに出会うと

わくわくする

 

そうなるとさ、

1つの質問に1つの答えってことばっかりじゃないね

学校のテストとは違うよね

 

そうだね

じゃあ、なんで学校行くんだろうね

学校はなにをしに行くんだろうね

あなたが学生のあいだに

あなたなりのこたえがみつかるといいね

 

じゃあこのへんで

おやすみ