The double

cotteの脳内日記

きれい

中学2年生の息子には

年相応に好きな子がいる

 

小学生の頃から気になっていて

中学が離れてしまってから

これはやっぱり好きだったんじゃないか?

と気づいたらしい

 

我が家はまだこどもたちに携帯電話を持たせていない

機種変更して使わなくなった

親の携帯電話で家の中だけでWi-Fi

動画やゲームはできるようにしている

 

LINEをしたい年頃だろうから

gmailを作ってメールだけはできるようにした

 

どうやら最近その好きなことメールをしているようだ

 

何も詮索しないと面白いもので

嬉しいことがあると黙っていられないのであろう

時々息子は報告してくる

「あ、そうなんだ。良かったじゃん」

と返事をすると

「それだけ?!」と不満そうだ

「え?!じゃあもっと根掘り葉掘り聞いていいの?」と

尋ねると

「いや、それも嫌だな」と別室へ消えていく

 

小学校の卒業間近に

息子の好きな子のおかあさんと話す機会があった

ほとんど学校に顔を出さないわたしは

その時、6年間にしてはじめてそのおかあさんと言葉を交わした

 

6年生の中で一番心がきれいなのは〇〇くんなんだよって

うちの娘がいつも言ってるの

〇〇くんの涙は嘘がない

きれいなんだよって

 

 

毎夕のように学校から

お小言の電話が来ていた時期だったから

本当にわたしの心は救われた

ありがたかった

 

そんな素敵女子を

おれ、好きなのかもしれない

と言っている息子もいいセンスしているんじゃないか

 

このGW

お互いに部活が休みの日が重なったようで

数人で遊びに行くことになったらしい

 

親がすることは

口は出さず

おでかけの資金を出すことぐらいか

 

息子よ健闘を祈る!