読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The double

cotteの脳内日記

息子は先生

中2息子が床に放りっぱなしにした

紙類の中から

自己紹介カードの下書きをみつけた

 

長所:誰とでも話ができる

短所:空気が読めない

 

息子に

ママはあなたの空気読まないところ?

読めないところ?

まあどっちでもいいんだけど

好きだから

短所って思わないでよ。

それは強みだよ

それをいいね!といってくれる

場や環境を見つけるか、作るかして

生きてくれたら

いいなと思ってるんだよね

 

と伝えたら

 

わかってるって

ちょっと空気読んで、そう書いただけ

 

なんだい!

ちゃんと空気読めてるやん!

と大笑いした

 

そういえば、

彼が生まれてこの方

人に対しての恨み節、むかつくエピソード

ネガティブなはなしをほとんど聞いたことがない

 

ねえねえ、ママ~

の後には大抵お腹抱えて笑ってしまうような

話が待っている

 

彼が人並み以上に

楽しい場面に出くわしているわけではなく

彼はいつだって

面白いエピソードとして

物事をとらえているように思える

 

試験で一日目と二日目の科目を逆に覚えて行き

一日目はさんざんだったとか

 

授業中、笑い過ぎて椅子から転げ落ちたとか

 

一緒に怒られている友達の先生に対するリアクションが面白すぎて

笑いをこらえるのが大変だったとか

 

体操着を忘れて1時間立たされていた時に

1時間時間をつぶすアイデアを思いついた

 

とかとかキリがない

 

とにかくいつだって

彼のとらえる今も

彼の予想する未来も明るい

 

どんな環境でも

今がベスト

今がベター

とでも思ってるかのように

振る舞う彼は

ある意味(あくまでもある意味・笑)

わたしの先生でもある