The double

cotteの脳内日記

あきらめてください

この3連休の真ん中の日

夫が仕事で出勤することになった

 

「もうしわけない…」

休みの日に家を空けることには慣れている

その日に限って

なぜにあらたまる…

 

「いや別に気にしてないし」

「いやこんな大事な日に、申し訳ない」

大事な日?

何を仰っているのやら…

 

いつもと違ってしおらしい姿も

なんだか芝居じみてみえてくる

 

面倒なので無視

 

「やっぱり今年も忘れちゃってますかぁ…」

 

このなかなか結論に達しない話し方は

夫の特徴で

わたしはいつもちょっとだけ

腹立たしくなる

 

「だから何?」

 

「結婚記念日です」

「あ、ごめん。今年も忘れてた。」

 

16回目の結婚記念日

計算しやすいように2000年に結婚したのだが

16回、毎回忘れてしまう。

以前も花束を持って帰ってきたときに

「誰に貰ったの~?」と言ってしまった

 

わたしには記念日を覚えておくことは重要ではない

誕生日もよく忘れる

書類に書くこどもたちの生年月日も

実はあやふやだったりする

こっそり保険証で確認してから

書いている

 

人によって重要ポイントは違うので

これはもうどうしようもないのである

 

夫も家族も大切だけれど

その愛情と記念日を覚えておくことは

私の中では比例しない

 

いい加減、

夫よもうあきらめておくれ