読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The double

cotteの脳内日記

居場所

先日、息子を学校に迎えに行った一件はその後

部活動参加停止と放課後のトイレ掃除

というお達しがあったそうだ

期限は伝えられていない

 

このお達しの内容にはまあ

私個人としてはいろいろ思いがあるが

息子にたずねると

「別にいいよ~何?ママ学校と揉めたいの?勘弁してよ。俺の問題。」

と言われたので、

1人で悶々することにした(笑)

 

この期間は部活に出ない分いつもより早い帰宅だったので

TVもつけずゆっくり会話を楽しみながら

夕飯の時間を息子と過ごせたので

意外とこれはこれでよかった

 

それでも息子は

サッカーボールが蹴りたくて蹴りたくて

仕方がなかった

 

ある夕方、私が外出から帰宅すると

制服が脱ぎ捨てられていた

しかし本人の姿が見えない

ベッドにもいない

 

どこかふらふらしに行ったのか…と思った瞬間

ピンときた

その日は木曜日

「あそこへ行ったな。きっと。」

 

わたしの見越した通りだった

 

息子は小学校の時に在籍していた

地域のサッカーチームの練習に参加していた

 

しかしこのサッカーチームの数名のコーチは

今の中学校の兼任コーチでもある

追い返されなかったのか…

 

夜7時ごろ

息子は晴れ晴れとした声で

「ただいま」と言って帰ってきた

久しぶりに見る高揚した顔

 

「ちょっとやらかしちゃって部停中なんで、ボール蹴らせてください」って

言ったら、

みんなに

「よく来たなぁ。じゃあ試合でもやるかって、小学校別にチーム分けして試合してきた」

この日は寝るまで饒舌だった

 

その数日前までは

「このまま部活復帰できなかったら、中学校変えてもいい?」

と相談されていて

「好きなようにしなよ。お前ならどこに行ってもすぐに馴染めるから」

と言っていたのだが

「もう少し、様子見る。トイレ掃除もコツがつかめてきたし。こんど家のトイレ掃除も俺が担当するよ」

と終始ご機嫌だった

 

それからしばらくして部停もトイレ掃除も解除になり

また元の生活に戻った

 

転んでもただじゃ起きない子だなと

勝手に古巣のサッカーチームに顔を出した行動をみて

思ってしまった

この子はこの子なりに

まだ13年しか生きていないけれど

学校や家だけでなく

居場所を作りながら生きているのだなと

 

そういえば小学生の頃も

なにかあると

これまた勝手に保育園に顔を出していたこともあったっけ

 

その時、その時

生活の中心となる場所で

つらいことや逃げたいことがあったとき、

どこかほかに居場所があるという安堵は必要だ

もちろん最終的な場所は我が家であってほしい

 

けれど家だけでは不十分だ

親以外の大人もいるほかの居場所

 

こども時代は

それをひとつ、またひとつ増やしていく

作業が一番必要なのかもしれない

 

少なくとも息子の場合は他にも何か所かそんな場所がある

こんな息子を面白がってくれる大人がいてくれる

 

わたしも微力ながら

こどもたちのともだちなり、しりあいなりの

居場所のひとつに我が家がなればと

いつも思っている