The double

cotteの脳内日記

隣の芝生は

いま住んでいる地域も10年をはるかに越えた

 

自然と顔見知りも増え

こども絡み以外でも

外に出れば、挨拶したり

一言二言立ち話をするような間柄の人も増えた

 

「今日は何作るの?」

「そういうのどこで買ってるの?」

親世代の元気なマダムたちとはスーパーでよく出あう

 

答えるたびに

「あら、美味しそう」だの「いつも素敵よ~」と

褒めていただいたあとは

「うちのお嫁ちゃんなんて、そんなの作れないわよ」

「うちのお嫁ちゃんなんて、全然なつかないわよ」と

ほぼ決まって言ってくる

 

いやいや隣の芝生が青く見えるだけですよ…

 

本心からそう思う

 

身近になればなるほど

粗がみえやすいものだし

それを許せなくなる気持ちにもなる

そんなものだ

 

隣の芝生が青くみえるマダムたちから

わたしは時々恩恵をさずかり

自分では手が出せないような

服飾類をお下がりでいただいたり、

珍味をいただいたりする

「お嫁ちゃんには内緒ね」の言葉と共に

 

けれどそうやってきっと

そのマダムたちのお嫁ちゃんも

違う所で恩恵をさずかっているに違いない

 

関係の離れた相手になら少し寛容になれるのならば

それを循環していけばいいのだろう

血縁に縛られ過ぎて息苦しくなるくらいなら

そのほうがうまくいくのかもしれない

 

時折SNSなどできれいなおうちの画像や

素敵なご夫婦とみうけられる画像を眺めると

やっぱりそこは平平凡凡な人間

「我が家にもう一部屋あったらなぁ」とか

隣で缶ビール飲んでいる夫を横目でみながら

「よそはいいなぁ」と

本気ではないにしろ思うこともある

 

それでもこれは不思議なことだが

こどもだ

成績もさっぱし

スポーツもどうだか

夕方鳴る電話はおおかた学校から

学校、ゲーム、食う、寝るの毎日

とまあ問題だらけのこどもだけれど

 

こればっかりは隣の芝生は青くはみえない

あんぽんたん最高!

こんなに飽きないキャラの持ち主ほかにいない

天才!ぐらいになるのだから

 

自分がそんな、親バカという者になろうとは

思いもよらなかった

まったくもって予定外だ

 

けれど

自分の家の芝生も青いぜという

生き方はとても楽である