The double

cotteの脳内日記

左の人差し指

人間ちょっとやそっとじゃ死にやしない

 

生きていると数えきれないほど耳にするセリフ

 

けれど人間ちょっとそっとのことで

支障をきたすもの

 

一昨日から

左の人差し指の爪の脇が痛い

さかむけではないのが

爪の脇っちょとその隣の皮膚部分が

少し剥がれそうになっていて赤く腫れている

 

ぎゅっと絆創膏を一巻きして固定する

 

わたしはもともと左利きで

就学前に直された

あの当時は左利きは右利きに強制的に

矯正させられた時代

 

物書き、箸、はさみ…

ほとんど右利きなのだが

雑巾を絞ったり、トランプを切ったり…

知らずに左利きになっている時がある

 

こうして左の人差し指に絆創膏をぐるっと一巻きしただけで

いらいらするほど不便だ

 

身体の何%だろうか

ほんのわずかな部分の不具合で

身体の動き、いや思考、感覚までも

もうしっくりこない

 

そして、細かい作業、触感などなど

左手に頼っていたことを

また発見する

 

それにしてもいらいらする

人差し指ほどでこうも毎日の

さもないことが不便になる

 

ちょっとやそっとじゃ死にやしない人間は

ちょっとやそっとのことでくじける生きもの