The double

cotteの脳内日記

富士ファミリー

「富士ファミリー」

脚本:木皿泉

キャスト:薬師丸ひろ子 小泉今日子 片桐はいり 吉岡秀隆

 

昨年のお正月にNHKで放映されて

今年のお正月に第2弾が放映された

 

富士山の麓にある小さなコンビニ「富士ファミリー」で起こる

悲喜こもごも

 

どこかで似たようなことが

この日本のあちらこちらで起きているような

そんなドラマ

 

どこか抜けていたり

どこか頼りなかったり

からっとしていたり

そんな登場人物たちだけれど

当たり前だが

心にざらっとしたものは持っている

 

そういうものが時折

なんともない会話の中に

ふと漏れる

 

そのたんびに

じんわりと血が通う温かさを

観ている方も感じる

 

ざらっとしたものがあるのがふつう

ざらっとしたものがあっても大丈夫

 

ざらっとしたものがある登場人物たちの

台詞だから

じんわりとなる

これは台詞を楽しむものがたりだ

 

ざらっとしたものを含んだ人の人生

それに経験や知識が足されて

人は想像する力を備える

想像する力で人生を切り開く