読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The double

cotteの脳内日記

おっさん

人付き合いのよい

人なつっこい

夫のおかげで

12月にもなると

我が家にも

いただきものが増える

 

クリスマスカラーの可愛らしい箱や缶が

テーブルやキッチンカウンターに溢れだす

 

そしてわたしも

毎年、贈ったり、贈られたりする人が

少数精鋭でいる

 

毎年、届くものは

わたしが心の底から喜ぶものばかり

 

わたしにもそんな贈り物のセンスが欲しい

そして「あーcotteさんからだからきっと中身はこれね!」

というわたしの定番みたいなものを決めたくなってきた

 

年を重ねてくると

開けてみるまで

わからないワクワクもいいが

 

宛先を見て「お!また我が家に○○が来た!」と

開ける前から中身がわかりながらも

嬉しくて仕方ないものも

大変にありがたい

という変化が訪れる

 

今回は今までの人生を

そんな贈り物、食べてきたもの、使ってきたもので

数日振り返っていた

 

12月のわっちゃわっちゃしたデパートで

手配が終わり、

帰り道、少し冷静になってから

(こういうものを選ぶなんて)

「あーわたしも大人になったなぁ」

というより

「あーもうおばさん通り越して、おっさんセレクトだな」

と率直に思ってしまった

 

そういえば、先日も

友達の作ったパンの感想を本人に伝えたら

「もう、感想が酒飲みのおっさんやん」と言われたっけ

 

おっさん化加速中のようだ