The double

cotteの脳内日記

固定観念

小さいこと、大きいこと

気づきながら、気づかないうちに

人は固定観念に縛られたり

解き放たれたりしている

 

私は6年前から靴下を4枚以上履いている

ご存知の人もいるかもしれないが

冷えとり(冷えとり健康法)を実践している

 

これを知ると周りの反応は大抵ひく

さらに首を突っ込み、

そんなことはやめたほうがいいぐらいの

ニュアンスで話し続けたりする人もいる

 

面白いぐらいだ

 

でもちょっと待ってと言いたい

寒くなるとみな上半身を着こむ

これにはみな誰も疑問も抱かないのに

なぜ下半身を重ね着すると

実践していない人は

実践している人に物申したくなるのか

 

よく、将来の夢を語ると

実現できなかった人ほど

またそんなチャレンジすらしなかった人ほど

止めようとする

諦めさせようとする

あれはなんだんだろうといつも不思議だ

その人に対して全く迷惑なんてかけてもいないのに

 

どちらもよく似ている

 

人の中には自分の考えの範疇を超えた人をみかけると

どうにも我慢がならない人がいるらしい

 

あ、そんな考え方も私の固定観念のひとつか

そんな観念もいつしか知らない間に

手放せる時がくるかもしれない