The double

cotteの脳内日記

束ねる

夫は私が教えるまでボタン付けができない人だった

 

裏から表に針を出し、

ボタンの穴に通す

4つ穴だったら糸が平行や十字になるように

順番に4つの穴に針を通していく

何度か繰り返した後

4つの穴から出た糸を束ねるように

裏から表にだした糸でぐるぐると巻いて

再び裏に返して玉結びをする

 

夫はこの最後の束ねてぐるぐる巻くことを知らなかった

ぐるぐる巻くことで土台が固定されて、

ボタンは取れにくくなる

 

それぞれの穴からでている糸が家族のようにみえてくる

ぐるぐる巻いているものは家訓のようなものだろうか

 

そういえば我が家には家訓のようなものがない

上下関係のようなものもはっきりとせず

なんともゆるゆるとした関係だ

わたしが子ども時代息苦しさを感じていたから

意識的にしている部分もある

 

ゆるゆるとして、すぐにボタンはとれてしまうかもしれない

それでもいいとはじめからどこかでそう思いながら

家族が増えた

 

家族をぎゅっと束ねるものはないが

季節は今は冬

家族は鍋の周りをぎゅっと囲んでいる