The double

cotteの脳内日記

言葉で振り返る

10年以上放置しているブログの存在をふと思い出してしまった。

パスワードも忘れてしまってログインできない。

当時、コメント交換し合っていた人たちをクリックすると

もうみなすでに更新はされておらず、

私と同じように放置してあった。

なんだか宇宙ゴミのようで、すごく申し訳ない気持ちにもなる。

どうにかパスワードを思い出して、宇宙ゴミを1つ減らしたいものだ。

 

そのブログでは書き溜めていた詩の一部を公開していた。

10年ぶりに読み返してみる。

「思えば随分遠くまできたものだ…」が一番の感想。

 

人間って変わらない部分もあるけれど、変化する部分もあるんだなと、

少し距離をおいた気持ちでその数編の詩を読み返していた。

 

それでも尚まだ、自分の中にケリがついていないことを

やはり10年前も詩っていて、「おいおいっ」と

軽くどつきたくなったりもした。

 

わたしにとっては写真で振り返るより、自分の中から出た言葉を振り返るほうが

すごく楽しいことに気づいた。

 

それでもあの宇宙ゴミはなんとかせなあかん。